自己破産って2回目もできるの?その条件は?【お答えします!】

自己破産って2回目もできるの?その条件は?【お答えします!】

自己破産って2回目もできるの?その条件は?【お答えします!】

自己破産というのは、持っている財産をお金に交換して、借金をした銀行や消費者金融業者などに対して、その債権に応じて配分するのとひきかえに、存在している借金の支払い義務を免責してもらうという法的な手続きです。
このため、借金の返済に困ったからといって、あまりにも安易に自己破産を認めてしまうと、社会の秩序が崩壊してしまうことにもなりかねません。
そこで、二回目の自己破産については、裁判所からまったく認められないというわけではありませんが、一定の制約が付けられているのが現状です。
自己破産のメリットとして、借金の支払い義務がなくなることが挙げられますが、これは裁判所が「免責許可」という決定を下しているからこそ可能なことといえます。
実は、法律にはこの「免責許可」ができない場合についても定めがあり、過去7年間に自己破産をした履歴がある場合がそのなかに含まれています。
したがって、前回から7年を過ぎずに二回目の自己破産を申し立てた場合には、破産そのものが認められたとしても、「免責許可」までは下りず、あいかわらず借金の支払い義務を背負ったままという最悪の事態になることもあります。
ただし、二回目の自己破産ではすべてではないものの一部の借金に限っては「免責許可」を出すという、「一部免責許可」とよばれる取り扱いがなされることもあり、これは本人の借金の理由や生活態度などによるケース・バイ・ケースであるともいえます。