自己破産のデメリットって?【知っておきたい自己破産の基礎知識】

自己破産のデメリットって?【知っておきたい自己破産の基礎知識】

自己破産のデメリットって?【知っておきたい自己破産の基礎知識】

たまっていた借金を一気に精算することができる自己破産は、人生をやり直すことができるという意味でメリットもたくさんありますが、お金に関してはマイナスだけじゃなくプラスも含めてなにもない零の状態にするのと同じことですからデメリットもあるのだということも考えに入れておかなければなりません。
最大のデメリットは、自分だけでなく他人にも自己破産をした影響が及んでしまうということでしょう。
まず家族に影響があります。
借金はなくなりますが、例えば一戸建てやマンションなどを所有して家族と住んでいた場合は家や家財などを価値あるものはすべて差し押さえられてしまいますから、住む場所を失うことになりわけです。また子供がいた場合には学費などを含めた養育費の支払いが困難になるという事態にもなります。
そして重要なのが自己破産はあくまで本人に対して借金を清算することであって、その清算するという範囲に連帯保証人は含まれていないということです。
つまり自己破産をした瞬間に連帯保証人は借金を一括で返さなければならない責任が出てくるのです。
このように自己破産はメリットもたくさんありますが、周囲を含めてデメリットも存在があるということを知っておかなければなりません。
メリットとデメリットについて考え、関係者に連絡し相談することが大切なのです。
また弁護士や司法書士など専門家に相談して、他にもとれる手段がないのかを事前に確認しておくことが大切になります。