自己破産を考えている人は知っておくべき!自己破産の費用について

自己破産を考えている人は知っておくべき!自己破産の費用について

自己破産を考えている人は知っておくべき!自己破産の費用について

したくはないけど、自分ではどうにも解決方法が見えない時には自己破産をするのも1つの選択肢です。しかし、自己破産するには自分だけで行うには、時間的にも手間的にもかなり厳しいのが現状です。専門的な手続きが必要ですし、提出する書類も専門語が並び、決まったフォームがあるので、素人が見てもまったく見当がつかないなんてことになります。そのため、一般的には専門家の力を借りるのがベストです。専門家なら法的な手続きは慣れていますし、時間も効率的で間違いもありません。さらに手続き中の金融業者との交渉や連絡も窓口となってくれ、少しでも負担を軽くしながら自己破産へと手続きを進めてくれます。しかし、やはり依頼するとなると費用は必要です。弁護士や司法書士となると、専門性が高いだけに費用も高額になって、逆に大変なのではないかと思ってしまいます。そこで自己破産するために、専門家に依頼した場合の費用の相場をチェックしておきましょう。相場はあくまでも平均的なものですから、内容が濃かったり、件数が多いなどの場合は、相場より高くなってしまう場合もあります。まず、同時廃止が決定する場合はだいたい20万円から25万円前後が多いようです。破産する業者の件数によっても異なってきます。また、管財人が選出される場合はもっと高くなり、少額管財事件では最低20万円、缶材事件では最低50万円になります。この費用の内訳は報酬だけでなく、裁判所に支払う金額も含まれています。個人の破産は、ほとんど同時廃止が多くなるので、25万円プラスアルファが多いようです。